事故率 保険料

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

事故率で自動車保険料が変わる?低い場合にオススメの保険は?

「事故率で自動車保険料が変わる?【※低い場合にオススメの保険は?】」がイメージできる画像01

 

「事故率によって保険料が変わる」という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

そのような話を聞くと、それが以下の様な疑問へとつながることがあります。

 

「なぜ事故率が保険料に影響するの?」
「事故率は各年代で変わってくる?」
「もし事故率が低い場合、どんな保険がおすすめ?」

 

今回は、こうした疑問を解消していただける様な情報をお届けしていきます。


なぜ事故率で保険料は変わる?車種ごとでも事故率は変わるって本当?

なぜ事故率で保険料は変わる?車種ごとでも事故率は変わるって本当?

 

こちらでは、事故率により保険料が変わる理由などについて説明していきます。それではさっそくチェックしていきましょう。

 

どうして事故率で保険料が変化するのか

年代や地域、車種など、それぞれのくくりの中で事故率には差が生じています。

 

当然、事故率が高い年代や地域などに多く当てはまっている利用者は、それだけ事故を起こして損害保険を使う可能性が高いと判断されます。

 

現在の主流である「リスク細分型自動車保険」の場合、それが保険料へと反映されているのです。

 

保険を使う可能性が高いということはそれだけ保険会社に与える経済的な影響が大きいということなので、そういった利用者の保険料はその分だけ上乗せされていることになります。

 

年代別事故率による保険料の違い

各自動車保険では、運転者の条件において以下の様な年齢区分が存在します。

 

年齢を問わず補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償

 

これらを保険料が高い順に並べると、以下の様になります。

 

年齢を問わず補償>21歳以上補償>26歳以上補償>30歳以上補償

 

このように年齢区分によって保険料が変化するのも、先ほど述べた「事故率」が関係しています。

 

免許を取得したばかりの未成年はまだ運転技術が未熟なこともあり、40代・50代に比べると事故率が高いです。

 

このため、その未成年までも補償の範囲に入れられる「年齢を問わず補償」を選ぶと、それによって保険料が高くなってしまいます。

 

車種による保険料の違い

自家用普通乗用車と自家用小型乗用車の場合、「型式別料率クラス」が適用されているため車種の違いが保険料にも影響します。

 

この型式別料率クラスは対人・対物・傷害・車両保険の4つに分けられており、さらにそれぞれ1〜9までの9段階に分けられています。

 

そしてその数字の大きさと保険料の高さは比例するという仕組みになっています。

 

車種によって「保険金の支払い実績」が異なるため、その実績が多いほど数字が大きくなり保険料も高くなるというわけです。

 

なお、この保険料の支払い実績には事故以外での実績も含まれますが、やはり事故率が高い車種の場合はそれが型式別料率クラスに影響することになります。

 

また型式別料率クラスは年に1度見直しが行われているため、以前に比べ事故率が少なくなるなどすればクラスが下がる可能性があります。

 

なおこの型式別料率クラスは、コンパクトカーの場合は全体的に数字が小さい傾向にあります。

 

一方で高級車やスポーツカーの場合は盗難被害のリスクが高かったり修理費が高額になりやすかったりするため、対人・対物・車両保険の3つの項目ではコンパクトカーを上回る数字がつけられることが多いです。

 

中でも車両保険に関しては、とくに料率クラスが大きくなりやすいです。


事故率が低い40代・50代におすすめな自動車保険

事故率が低い40代・50代におすすめな自動車保険

 

さてお次は、事故率が低い世代におすすめの自動車保険「おとなの自動車保険」を紹介します。

 

事故率の低さを活かして損害保険の保険料を節約したいとお考えの方は是非チェックしてみてください。

 

おとなの自動車保険の特徴

上記のように各自動車保険では「年齢区分」を設定していますが、「30歳以上」や「35歳以上」を超える区分を持たない自動車保険は少なくありません。

 

そういった区分の仕方だと、例えば35歳の人でも60歳の人でも、35歳以上になっていれば年齢による保険料の差はないということになります。

 

しかし35歳以上の事故率は各年代とも同じというわけではなく、20代・30代とだんだんと下がってきた事故率は、40代・50代でもっとも低くなります。

 

そういった点に着目し、「1刻みの保険料体系」を採用したのが「おとなの自動車保険」なのです。

 

このおとなの自動車保険の場合、事故率の低い40代・50代の保険料を割安にしているため、その年代に当てはまる方にはとくにおすすめの自動車保険となります。

 

おとなの自動車保険での保険料の一例

実際におとなの自動車保険に加入することになった場合、保険料はどの程度になるのかというのはとても気になりますよね。

 

そこでこちらでは、同自動車保険のサイト上で公開されている保険料の一例を紹介いたします。

 

  • トヨタプリウスにお乗りの45歳の場合

年間保険料 32,250円(車両保険付き)

 

  • トヨタプリウスにお乗りの50歳の場合

年間保険料 31,880円(車両保険付き)

 

保険料の算出条件
  • 車名:プリウス(ZVW30)
  • 補償開始:2016年1月1日
  • 初度登録年月:2012年1月
  • 前年走行距離:5,000km以下
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 主な使用地:東京都
  • 主に使用される方の年齢:45歳、50歳
  • 免許証の色:ゴールド
  • 等級:20等級
  • 前年事故:カウント事故なし
  • 事故有係数適用期間:0年
  • 運転者の範囲:本人・配偶者・別居未婚の子
  • 保険期間:1年間
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 無保険車傷害:無制限
  • 自損事故傷害(人身傷害で補償)
  • 他車運転:あり
  • 人身傷害:5,000万円(車内・車外補償)
  • 搭乗者傷害:入通院時の医療一時金 最高100万円
  • 車両保険金額:160万円 自己負担額なし
  • ロードアシスタンス:あり
  • おとなの早期契約割引(50日前):あり
  • 証券不要割引:あり
  • インターネット割引:あり
  • 新車割引:なし
  • 電気・ハイブリッド車割引:なし
  • 払込方法:一括払

 

このように、車両保険を付けても年間保険料を3万円台前半に抑えることができました。

 

また40代や50代の方の場合、それまで順調に等級を積み上げてきていれば20等級などの高い等級になっていることも多いですから、その等級による割引にも期待できます。

 

さらにおとなの自動車保険は、「子どもも運転する」という方にもおすすめの自動車保険です。そういった方からは以下の様なお声が寄せられています。

 

“子供が運転するようになっても、保険料が極端に高くならないのが良い。”

 

“子どもが運転免許を取り、昨年、保険を全年齢にしたら保険料が極端に高くなった。こちらの保険にしたら半額ほどになったので、ありがたい。”

 

このように幅広い方におすすめできる「おとなの自動車保険」、気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

 

さて今回は、事故率が自動車保険の保険料に与える影響などについて情報をお届けしてきました。何かお役立ていただける情報があれば幸いです。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

事故率で自動車保険料が変わる?【※低い場合にオススメの保険は?】関連ページ

保険料、月の平均相場
車の保険料、他の人はどのくらい払っているのか気になりませんか?自動車保険の月の平均相場や年齢ごとの相場、任意保険と車両保険の料金の相場、保険料の目安などを調査してまとめています。車の保険料って月払いより年払いの方が安くなるのかなどの内容も詳しく紹介していますので是非参考にしてください。
保険料の計算の仕方
車の保険料は複雑で分かりにくいとお悩みではありませんか?保険料の計算の仕方を知っていればもっとお得になる場合もあります。自動車保険の等級や年齢による計算の方法や日割の方法等をわかりやすく解説します。車の保険料の計算が簡単にできるサイトも紹介していますので是非参考にしてください。
保険が高すぎる時の対処法
自動車保険が高すぎるとお悩みではありませんか。もしもの時の為と思っていても毎月の保険の支払いもばかになりませんよね。そこで車種によって保険が高い車や、年齢による保険料の違い、自動車保険料が高い原因と節約するコツなどをまとめて紹介します。自動車保険でお悩みでしたら是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
車の保険料、新規で入ると高い!?
自動車保険に初めて加入する場合、新規だとどれぐらい高いのか?最初から安くするコツなどあるのか?と言うのは気になるところです。そこで今回は新規加入時の保険料について安くする方法などをまとめてみました。興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
車の保険料の支払いはいつ!?
これから自動車保険を契約する人にとっては、支払いは1年間分まとめてするものなのか?それとも毎月毎に払っていくものなのか?と言うのもわかりません。また一括で払った場合は保険料が安くなるのか?なども気になる所ではないでしょうか?今回は車の保険料の支払いに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。