自動車 保険料 高い

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

車の保険が高すぎる場合の対処!保険料が高い車と節約のコツ

「車の保険が高すぎる場合の対処!【※保険料が高い車と節約のコツ】」がイメージできる画像01

 

突然ですが、あなたは今の車の保険料に満足していますか?自動車保険の保険料は決して安いとは言えませんよね。

 

「車の保険料をもっと節約する方法はないの?」
「車の種類によって保険料が高くなるって本当?」
「運転する人の年齢によって保険料が変わってくるの?」
「今の保険のどこを見直せば保険料がもっと安くなる?」

 

車の保険料に関してこのようにお嘆きの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、高すぎる自動車保険の節約ポイントをいくつかご紹介します。


車の保険料が高すぎると感じる場合はどうすべき?

車の保険料が高すぎると感じる場合はどうすべき?

 

自動車保険の相場というものは確かにありますが、保険料を安くする上でまず見直しをしていただきたい大きなポイントがあります。

 

代理店型と通販型の違いを知る! 

自動車保険には大きく分けて「代理店型」と「通販型」の二種類があることをご存じでしょうか。

 

代理店型は保険会社と契約者間の仲介をし、契約に関する手続きを代行することにより保険会社から手数料を受け取ります。

 

一方通販型は、契約者と保険会社が直接契約を結ぶため間に代理店が入ることはなく、契約に関する手続きも全て契約者自身が行う必要があります。

 

すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、代理店型の場合保険料の中に代理店手数料が含まれているため、その分保険料は割高になっています。

 

さらに、代理店型の保険料が割高になる要因は手数料に限ったことではありません。

 

対面での接客に必要な人件費や店舗を構える費用等も、全て保険料に含まれてくるということになります。

 

これに比べ通販型は店舗を持たず、契約手続きに関するサポートは全てネットや電話で行うため、経費を安く抑えることができます。

 

ですから、通販型のほうが全体的に保険料が安い傾向にあるのです。今の保険料が高すぎると感じている方は、まずは保険会社自体の見直しをおすすめします。


自動車保険料が高い原因と節約するコツまとめ!

 自動車保険料が高い原因と節約するコツまとめ!

 

ここからは補償内容にスポットをあて、節約できるポイントがないかを見ていきます。

 

運転者範囲を見直す  

保険契約をする際、その車を誰が運転するのかという運転者の範囲を決める項目があります。

 

ここで確認すべき点は、今の運転者限定の範囲が状況に適したものになっているかどうかです。

 

たとえばこんなケース・・・

 

「契約当初は子供も運転していたけど、今は結婚して別居しているから運転するのは夫婦だけ」
「限定なしにしたものの、実際のところ家族しか運転していない」

 

最初の契約条件のまま保険を更新し続けていると、このように以前とは状況が変わっている場合があります。

 

家族限定→夫婦限定、限定なし→家族限定に変更するだけでも、割引率が上がり保険料を割安にできます。

 

心当たりのある方は是非一度見直しをされてみてください。

 

搭乗者傷害保険の見直し 

自分または同乗者のケガ等を補償してくれる代表的な保険として、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の2つがあります。

 

人身傷害補償保険はケガの治療費はもちろんのこと、仕事を休んだ場合の損害や死亡時の逸失利益までを、実際にかかった分だけ補償してくれる手厚い保険です。

 

一方の搭乗者傷害保険はというと、ケガや死亡に対する補償という意味では同じですが、保険金の支払額が一定額と決まっており、実際にかかった費用を全て負担してくれるわけではありません。

 

この2つの保険のどちらにも該当する事故であれば、双方から保険金が支払われるためそのぶん補償は手厚くなります。

 

しかし、やはりそのぶん保険料は高くなってしまうため、自分側の補償は人身傷害補償保険のみにし、搭乗者傷害保険を外してしまうというのも一つの方法です。


自動車保険料が高い車ってあるの?

自動車保険料が高い車ってあるの?

 

保険会社が保険料を決める際の基準の一つに、車両料率クラスというものがあります。

 

車両料率クラスは車種や型式によって1〜9に分類され、それそれの車の事故率を予測する指標となります。

 

保険料が高い車って?

車両料率クラス1〜9のうち、9に該当する車が最も事故のリスクが高いとされ、保険料も高く設定されます。

 

ちなみにクラス9の車と判断された場合、保険会社によっては車両保険に入れないケースもあります。

 

では、具体的にどんな車が保険料が高いのかということですが、一般的にスポーツカータイプの車等がこれにあたります。

 

スポーツカーは軽自動車などと比べた場合、かなりスピードが出ます。そうすれば当然事故のリスクも上がると考えられるため、危険度が高い車とされているのです。

 

その他にも、高級車や盗難率の高い車は保険金の支払額が高額になるケースが多く、保険料の高い車とされています。

 

しかし、これはあくまで車両料率クラスのみを見た場合です。運転する人の年齢や等級など、複合的な条件を鑑みた上で保険料は決定されています。

 

ですから、たとえ全く同じ車種・型式の車であっても、運転する人によって保険料も様々ということになります。


車の保険料って年齢によって高くなったり安くなったりする?

車の保険料って年齢によって高くなったり安くなったりする?

 

では、運転する人の年齢によって保険料に差が出てくるのか・・・これはYESです。自動車保険の保険料と運転者の年齢には密接な関わりがあります。

 

年齢条件による保険料の差とは?

まず運転者の年齢区分は一般的に以下のようになっています。

 

全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償

 

このなかで最も保険料が高いのが全年齢補償、逆に最も安くなるのが26歳以上補償です。

 

これは説明するまでもありませんが、補償範囲が広いほど様々な人が運転する機会が多くなり、そのぶん事故のリスクも上がると想定されるためです。

 

さらに、20歳以下の免許を取り立ての方が運転する場合、まだ運転に慣れておらず事故を起こしやすい傾向にあるのも理由の一つです。

 

それぞれ保険料はどれくらい違うの?

年齢条件によって保険料にどれくらいの差があるのか、それぞれの割引率を見てみましょう。
新規契約にあたる6等級の場合を例にあげてみます。

 

全年齢補償 −28%
21歳以上補償 −3%
26歳以上補償 9%

 

ご覧いただくと分かるように、割引が適用されているのは26歳以上補償のみで、全年齢と21歳以上補償については逆に保険料が割増となっています。

 

年齢条件の対象となるのは同居の親族のみなので、現在のご家族の年齢に応じて正しい区分になっているかどうか一度見直しをしてみましょう。場合によっては保険料の節約に繋がるかもしれません。

 

今回は車の保険料を安くする方法をご紹介しました。車の保険料は決して安いとは言えませんし、更新の時期にはかなりの負担になります。

 

節約できるポイントがないかもう一度ご自身の保険を見直し、少しでも家計の負担を軽くしましょう。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険が高すぎる場合の対処!【※保険料が高い車と節約のコツ】関連ページ

保険料、月の平均相場
車の保険料、他の人はどのくらい払っているのか気になりませんか?自動車保険の月の平均相場や年齢ごとの相場、任意保険と車両保険の料金の相場、保険料の目安などを調査してまとめています。車の保険料って月払いより年払いの方が安くなるのかなどの内容も詳しく紹介していますので是非参考にしてください。
保険料の計算の仕方
車の保険料は複雑で分かりにくいとお悩みではありませんか?保険料の計算の仕方を知っていればもっとお得になる場合もあります。自動車保険の等級や年齢による計算の方法や日割の方法等をわかりやすく解説します。車の保険料の計算が簡単にできるサイトも紹介していますので是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
車の保険料、新規で入ると高い!?
自動車保険に初めて加入する場合、新規だとどれぐらい高いのか?最初から安くするコツなどあるのか?と言うのは気になるところです。そこで今回は新規加入時の保険料について安くする方法などをまとめてみました。興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
車の保険料の支払いはいつ!?
これから自動車保険を契約する人にとっては、支払いは1年間分まとめてするものなのか?それとも毎月毎に払っていくものなのか?と言うのもわかりません。また一括で払った場合は保険料が安くなるのか?なども気になる所ではないでしょうか?今回は車の保険料の支払いに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
事故率で自動車保険料が変わる?
自動車保険は事故を起こしたかどうかの事故率によっても保険料が変わります。事故率が高いと保険料も上がり、事故率が低いと保険料が下がります。事故率が低い場合、保険の見直しをすると保険料が下がる場合がありますので、そういった方におすすめの保険を紹介します。ぜひ参考にしてください。