車 保険料 計算

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

車の保険料の計算の仕方は?等級や年齢による計算方法!

「車の保険料の計算の仕方は?【※等級や年齢による計算方法!】」がイメージできる画像01

 

自動車保険の保険料は等級や運転する方の年齢など、様々な条件を基準に決められています。

 

「保険料はどうやって計算すればいいの?」
「いろんな条件で割り引かれている場合、もともとの金額とどれくらい違うの?」
「申込んだタイミングで保険料は違う?日割り計算できるの?」
「保険料の計算をもっと簡単にする方法はないの?」

 

自動車保険の保険料は様々な条件でケースによって違うため、保険料に関してこのような疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は自動車保険の保険料がどのようにして決められているのか、また保険料を簡単に計算できるおすすめの方法をご紹介します。


自動車保険の費用ってどうやって計算すればいい?

自動車保険の費用ってどうやって計算すればいい?

 

保険に申し込む際、自分の車の保険料が一体どれくらいになるのか気になりますよね。違う車ならもちろんのこと、同じ車であっても契約する人によって保険料は様々です。

 

まずは保険料がどのようにして決められているのかを見ていきましょう。

 

保険料の仕組み

保険会社が一つの契約に対し保険料を決める際は、以下の項目を基準に算定します。

 

@車種・用途

 

車種や年式・型式、使用目的、走行距離など

 

A型式別料率クラス

 

自動車の型式ごとにそれぞれの料率クラス1〜9を適用します。
過去の統計をもとに、事故率の高い車種(型式)は保険料が割高になります。

 

B等級

 

ノンフリート等級1〜20等級を適用。
20等級の場合最も割引率が高くなります。

 

C運転者限定

 

本人限定、夫婦限定、家族限定、限定なし

 

D年齢条件

 

年齢制限なし、21歳以上補償、26歳以上補償

 

E保険金額および免責金額

 

保険金額や免責金額の設定により決定

 

このように車の車種や運転する方の範囲など、様々な条件をもとに保険料は算出されています。

 

そしてこれらの条件をもとに全体的なリスク等を考慮し、最終的な保険料が決定されます。


等級によって割引されている場合、元の保険料の計算方法は?

等級によって割引されている場合、元の保険料の計算方法は?

 

1〜20等級まである自動車保険の等級ですが、等級が上がっていくとどれくらい保険料が割引になるのかをまとめました。

 

等級ごとの保険料割増引率

始期日が平成28年4月1日以降の契約の場合(前契約で事故なしのケース)

 

1等級→−64%
2等級→−28%
3等級→−12%
4等級→2%
5等級→13%
6等級→19%
7等級→30%
8等級→40%
9等級→43%
10等級→45%
11等級→47%
12等級→47%
13等級→48%
14等級→49%
15等級→50%
16等級→51%
17等級→52%
18等級→53%
19等級→54%
20等級→64%

 

等級ごとの割引率は各保険会社で多少の違いはありますが、これを基準とした場合20等級では保険料が64%も割引になっています。

 

一方で3等級以下になると、逆に保険料は割増になっていることが分かります。

 

年齢ごとの保険料割引増率

次に年齢条件ごとの割引増率を、新規契約の場合を例に見ていきます。

 

6等級の年齢条件による割引増率

全年齢補償→−28%
21歳以上補償→−3%
26歳以上補償→9%

 

26歳以上補償のみ割引が適用されています。これは免許を取り立ての若い世代の事故率が高いことや、運転する人が多いほどその分事故のリスクも高まると考えられているためです。


車の保険料、加入日によって日割り計算される?

車の保険料、加入日によって日割り計算される?

 

月の途中で保険契約をする際、その月の保険料は日割り計算されるのかと疑問に思われる方もいるようです。

 

ここでは自動車保険の保険料の考え方についてご説明します。

 

保険料は日割りになる?

まず、結論から言うと保険料は日割り計算にはなりません。なぜなら保険は1年単位(3年契約なら3年単位)で契約するものだからです。

 

たとえば保険に加入した日が4月15日であれば、1年後の4月14日までが契約期間となります。

 

ですから、保険料の請求もひと月ごとではなく年単位での請求となります。

 

ただ、保険料は時に10万円を超える場合もあり一括での支払いが困難なケースもあるため、保険会社側が分割払いに応じているだけに過ぎないのです。

 

ですから月の途中で契約した場合でも、タイミング次第で保険料に差が生じるということはありません。


車の保険料の計算が簡単にできるサイトってある?

車の保険料の計算が簡単にできるサイトってある?

 

ここまで保険料の算定方法や割引率などを見てきましたが、それをもとに自分で保険料をはじき出すのは至難の業です。

 

そもそもそんな面倒な思いをしなくても、保険料を簡単に計算してくれるおすすめの方法があるので最後にご紹介します。

 

自動車保険の一括見積もりサイトを利用しよう!

みなさんは各保険会社の見積もりを一括で簡単に行える、自動車保険の一括見積サイトをご存じですか。

 

これを使えば必要な情報を入力するだけで、それぞれの保険会社の補償内容や保険料をまとめて一度に知ることができます。

 

さらに、一括見積サイトを使うことでどの保険会社の保険料が一番安いのかが一目瞭然なので、保険料が今よりも数万円単位で安くなることも珍しくありません。

 

自動車保険を検討される際は、一括見積サイトを使うことこそが保険料節約の一番のポイントと言えるかもしれません。

 

見積もりに必要なもの

実際に一括見積サイトを利用する際は、以下のものを準備しておくとスムーズに見積もりができます。

 

@現在ご加入中の自動車保険の保険証券(初めて自動車保険に加入する場合は不要)
A今回契約する車の車検証
B免許証

 

以上を参考にしながらサイト上で見積もりをしていきます。必要情報を入力すると即時に画面上で見積もり結果が確認できます。

 

自動車保険の保険料は様々な条件をもとに決められているので、それを自分で計算しようとするのは非常に気が遠くなる作業です。

 

また、保険会社によって割引率も異なるため、全ての会社ごとに計算をしなければなりません。

 

各保険会社ごとに無料見積もりは行えますが、他社との比較をし少しでも保険料を節約したい方は、ぜひ無料の一括見積サイトを使ってみてください。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険料の計算の仕方は?【※等級や年齢による計算方法!】関連ページ

保険料、月の平均相場
車の保険料、他の人はどのくらい払っているのか気になりませんか?自動車保険の月の平均相場や年齢ごとの相場、任意保険と車両保険の料金の相場、保険料の目安などを調査してまとめています。車の保険料って月払いより年払いの方が安くなるのかなどの内容も詳しく紹介していますので是非参考にしてください。
保険が高すぎる時の対処法
自動車保険が高すぎるとお悩みではありませんか。もしもの時の為と思っていても毎月の保険の支払いもばかになりませんよね。そこで車種によって保険が高い車や、年齢による保険料の違い、自動車保険料が高い原因と節約するコツなどをまとめて紹介します。自動車保険でお悩みでしたら是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
車の保険料、新規で入ると高い!?
自動車保険に初めて加入する場合、新規だとどれぐらい高いのか?最初から安くするコツなどあるのか?と言うのは気になるところです。そこで今回は新規加入時の保険料について安くする方法などをまとめてみました。興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
車の保険料の支払いはいつ!?
これから自動車保険を契約する人にとっては、支払いは1年間分まとめてするものなのか?それとも毎月毎に払っていくものなのか?と言うのもわかりません。また一括で払った場合は保険料が安くなるのか?なども気になる所ではないでしょうか?今回は車の保険料の支払いに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
事故率で自動車保険料が変わる?
自動車保険は事故を起こしたかどうかの事故率によっても保険料が変わります。事故率が高いと保険料も上がり、事故率が低いと保険料が下がります。事故率が低い場合、保険の見直しをすると保険料が下がる場合がありますので、そういった方におすすめの保険を紹介します。ぜひ参考にしてください。