車 保険料 平均 月

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

車の保険料って平均月いくら?年齢ごとの相場や目安まとめ

車の保険料って平均月いくら?〜年齢ごとの相場や目安まとめ

 

あなたは、現在支払っている自動車保険料の額を尋ねられて、即答できますか?

 

もし「よく分からないなぁ」という場合は、相当のお金を損している可能性もありますよ。

 

冒頭から決め付けてしまいましたが、自分が加入している自動車保険料に無頓着な人は、家族にまかせっきりにしているか、何年も同じ保険会社で継続契約しているケースが多いのです。

 

逆にネット見積もりなどで、各社の保険料を比較検討した上で加入した人は、かなり正確に自分の保険料を把握しているのです。

 

そして自動車保険に関しては、「無頓着な人は間違いなく損をする」のです。いや、すでに毎年毎年損をし続けているかも知れませんよ。

 

そこで今回は、「損をしない自動車保険の選び方」に役立つ様々なコンテンツをお届けしていきます。

 

車の保険料の目安は?
人気車種の保険料の相場は?
年齢によって車の保険料はどう変わる?
車の保険料、月払いと年払いのどちらがお得?
車両保険って、本当に必要?
自動車保険料を払い忘れたら?

 

気になる項目がありましたら、是非チェックしてみてくださいね。

 

目次
  1. 車の保険料、ひと月あたりの目安ってどれくらい?平均いくらぐらい払うもの?
  2. 車の保険料と年齢の関係!お得な支払い方法って?
  3. 車の保険料が高い!安い自動車保険会社ってある?確実に車の保険料を安くする方法!
  4. 車両保険の月々の平均と目安相場!毎月いくらぐらい払うもの?
  5. 車の保険料の平均や相場を知りたいなら?
  6. 車の保険料に関する良くある質問と回答まとめ

車の保険料、ひと月あたりの目安ってどれくらい?平均いくらぐらい払うもの?

車の保険料、ひと月あたりの目安ってどれくらい?平均いくらぐらい払うもの?

 

自動車保険、車種別平均額の相場は?

自分が現在、支払っている自動車保険の保険料が適正かどうか判断するのは、なかなか難しいものです。

 

何故なら、自動車保険というのは、加入者の年齢や運転歴、事故の有無や車種、グレードによってまるで変わってくるからです。

 

上記より他人の保険料を訊いて、横並びで比較するのは意味がないのです。

 

そこでこちらのページでは、保険料の算定基準になる様々な要素を紹介して、自動車保険料の目安や相場について考えていきたいと思います。

 

人気車種の保険料の相場がすぐ分かる方法は?

まずは車種によって保険料がどれくらい変わってくるか、試算してみましょう。

 

加入条件や車種(グレード)を入力するだけで、簡単に保険料の概算がわかる「自動車保険の見積もりシミュレーション」がありますので、こちらを今回は利用してみます。

 

加入条件は、

用途 主に家庭用
走行距離 5,000km以下
年齢 30歳以上
等級 15等級
免許の種類 ブルー
運転者の年齢制限 30歳以上
運転者限定の有無 限定無し
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
車両保険 なし

に統一して、人気車種の保険料を見てみましょう。

 

最新人気車種の自動車保険料の一例

車種 料率クラス 保険料(年間) 保険料(月々)
トヨタ:プリウス1.8 A ツーリングセレクション 対人:5/対物:3/搭乗者:4/車両:4 34,400円 3,000円
ニッサン:セレナ2.0 ハイウェイスター 対人:4/対物:3/搭乗者:4/車両:3 52.700円 4,500円
ホンダ:N-BOX660 G スロープ L ホンダセンシング 軽自動車のため料率クラスなし。 21,100円 1,900円

……という結果になりました。

 

こちらはほぼダイレクト(通販型)保険の平均額だと考えてください。

 

実際に自動車保険のネット見積もりをする場合は、車検証を見ながら詳細な情報を入力しなければなりませんが、このシミュレーションは簡単な項目だけでおおよその保険料が分かりますので、ぜひ一度試してみてください。

 

その結果、現在支払っている保険料より安い額が表示されたら……あなたは今まで損をしていた可能性大ですよ。

 

車の保険料の相場は?年平均と月平均

上記でシミュレーションした結果を見てみると、車の保険料ひと月当たりの相場は、軽自動車で年間約20,000円。

 

普通車の場合は、年間30,000円〜50,000円台が平均だということが分かりました。

 

月平均なら軽自動車は1,000円台で、普通車でも5,000円以下に収まっています。

 

もしこの結果を見て「なんでそんなに安いの?」と驚いた人がいたとすれば、未だに代理店型の自動車保険に加入している可能性があります。

 

 

※管理人は実際に月の保険料が2000円弱も下がりました!


車の保険料と年齢の関係!お得な支払い方法って?

車の保険料と年齢の関係!お得な支払い方法って?

 

保険料は事故リスクによって金額が大きく違う

一般的に「自動車保険」と呼ばれているのは「任意保険」の事を指します。

 

これとは別に、車検のたびに更新するのは「自賠責保険」で、こちらは「強制保険」とも呼ばれます。

 

強制保険は基本的に保険料が同一ですが、任意保険は様々な条件によって保険料に差があります。

 

何故、そうなるのでしょうか?ひらたくいえば、「事故リスク」によって変わるのです。事故を起こすリスクが高いか低いかによって保険料が違うのですね。

 

事故リスクはこのような要素で決まる!

事故リスクが高いかどうかを判断する基準はいくつかあります。

 

等級

 

自動車保険のCMで「車種は○○、年齢は40歳で20等級の場合……」などというナレーションを耳にしたこともあるでしょう。この「等級」も事故リスクを計る基準です。

 

最初に自動車保険に加入すると、6等級からのスタートとなり、事故などがない限り一年ごとに等級がアップするのです。

 

ですから単純にいうと「等級が高いほど運転歴が長い」=「事故リスクが低い」と判定されるのです。

 

車種

 

車種によっても事故リスクは異なります。車両の型式によって「対人3対物4障害3車両5」などと「料率クラス」が決まっているのですが、これはそれぞれの保険に対するリスクを表しています。

 

一般的にスポーツカーはファミリーカーに比べて対人や障害保険のリスクが高くなり、高級車になるほど車両保険の料率が高くなります。ただし軽自動車にはこの区分はなく、全て同一です。

 

年齢

 

「年齢」も事故リスクを決める重要な要素です。年齢が若いと運転歴も浅く、運転技術も未熟なものです。

 

おまけに20代や30代の若者はスピードを出しがちであり、週末などに長距離ドライブをする傾向もあります。

 

実際、若年層による事故が多いというデータがあるため、リスクが高いと判断されているのです。

 

これだけ違う! ビギナーとベテランドライバーの保険料

これだけ違う! ビギナーとベテランドライバーの保険料

 

それでは、免許を取得して間もない19歳のドライバー(Aくん)と、十年以上の運転歴がある32歳のベテランドライバー(Bさん)の保険料を比較してみましょう。

 

車や補償条件は共通。Aくんは初心者ですから6等級で、年齢制限なし

 

Bさんは15等級で30歳以上という制限を設定しました。

 

年齢と等級による保険料の違い

 

車種 マツダデミオ1.5 15C
用途 主に家庭用
走行距離 7,000km以下
免許の種類 ブルー
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
車両保険 なし

という共通条件でシミュレートした結果は以下の通りです。

 

保険料(年間) 保険料(月々)
Aくん 220,800円 18,500円
Bさん 37.200円 3,200円

 

このように、年齢や運転歴によって5倍以上の保険料の差が生じるということが分かりました。

 

年齢が高くなるほど車の保険料は安くなるの?

若年ドライバーの保険料が高くなる理由はお分かり頂けたと思います。それでは高齢になるほど保険料が安くなるかといえば、そうとも言えないのです。

 

等級は運転歴を反映する要素であると言いましたが、そもそも等級は無限に上るわけではなく、20等級が上限なのです。

 

したがって運転歴が15年以上になれば、もう頭打ちになり、等級の恩恵はほとんどなくなるのです。

 

逆に年齢が高くなればなるほど、認知能力や反射神経が低下して、事故リスクは上昇してしまうのです。

 

ここ最近の死亡事故に関しては、75歳以上の運転者によるものが最多というデータもありますので、運転者が高齢である場合はそれが保険料の割増要因のひとつになります。

 

最も保険料が安くなる年代は?

それでは最も保険料が安くなるのはどの年代でしょう?実は一番事故リスクが少ないとされているのは30代・40代です。

 

運転歴も長くなるためドライビング技術も磨かれていきますし、経験により交通事故の怖さも理解しているため、おのずと安全運転を心がけるようになります。

 

またこの年代になると家族を持っているケースも多くなるので、なおさら無理な運転はしなくなるので、保険会社でも事故リスクは低いと判断するのです。

 

自動車保険、月払いと年払い、どっちがいいの?

自動車保険、月払いと年払い、どっちがいいの?

 

自動車保険の保険料の支払い方法にはいくつかの選択肢があります。

 

毎月保険料を支払っていく「月払い」と、保険料を一括で支払う「年払い」があるのです。

 

保険会社によって、月払いの場合はクレジットカードしか使えないなどの制約はありますが、どの保険会社でも保険料は一括の方が安く設定されているので、もし懐に余裕があれば、年払いを選ぶことをオススメします。

 

自動車保険の見積もりを見ても、月払いよりも年払いのほうがトータルの保険料がかなり安くなっているはずです。

 

月払いはまとまったお金を用意せずに済みますし、最近はコンビニでも払えたりするので便利ですが、うっかり払い忘れるという心配もあります。

 

保険料を滞納すると、最悪の場合、保険が失効してしまいます。事故を起こしても保険金が下りない……なんてことになったら泣くに泣けませんよね。

 

ですから少し無理をしても、月払いではなく年払いを選んだほうがメリットは大きいのです。

 

 


車の保険料が高い!安い自動車保険会社ってある?確実に車の保険料を安くする方法!

車の保険料が高い!安い自動車保険会社ってある?確実に車の保険料を安くする方法!

 

車の保険料が高いと感じてる人は?

ここまで読んで頂けたらお分かりのように、自動車の保険料というものは様々は条件によって算出されます。

 

年齢、等級、車種、事故歴は勿論、保険会社(代理店か通販か)や、支払い方法によって保険料は大きく異なってくるわけです。

 

ですから、何も考えずに適当に選んでしまうと、毎年かなりのお金をドブに捨てることにもなりかねないのです。

 

損をしたくない人は、なるべく多くの保険会社から見積もりをとって、一番安い保険会社と契約することなんですが、何だか面倒くさそうですよね。

 

でも、面倒くさがりの人でもすぐに一番安い自動車保険が分かる方法があるのです。

 

自分の自動車保険料の相場が簡単にわかる方法!

手っ取り早く自分の条件に応じた保険料の相場を知りたいなら、やはり自動車保険一括見積もりサービスを利用するのがオススメです。

 

実際に体験した人の声を聞いてみても、必要な情報を入力するだけで、色々な保険会社の見積もり金額が分かり、その後の勧誘や電話も一切ありませんので、利用しない手はありません。

 

ちなみに私は長年代理店型の保険に加入していたのですが、三年前に一括査定でダイレクト自動車保険の見積もり金額を見て、あまりの安さに驚きました。

 

ダイレクト型に乗り換えると、保険料はどれぐらい安くなる?

ダイレクト型に乗り換えると、保険料はどれぐらい安くなる?

 

十年以上前に自動車を購入した人なら、代理店で自動車保険の契約をしていたはずです。

 

何故なら、インターネットで簡単に申し込めるダイレクト型自動車保険が参入していなかったからです。

 

代理店を必要としないダイレクト型は、人件費などの経費が節約できるし、さらにリスクを細分化することで価格崩壊ともいえる安価な保険料を実現しました。

 

私が代理店型の保険に加入している時は、最も安価なプランに設定しても年間で40,000円以上支払っていました。

 

そして今年、同じ補償条件で一括見積もりしたら、以下のようになりました。

 

実際に自動車保険を一括見積もりしてみた結果

 

三井ダイレクト損害保険株式会社 15,880円
チューリッヒ保険会社 14,130円
セゾン自動車火災保険株式会社 17,750円
イーデザイン損害保険株式会社 19410円
アクサ損害保険株式会社」 21,530 円
SBI損害保険株式会社 13,850円

(※いずれも一括払いの保険料で、初年度割引やインターネット割引などが適用された金額)

 

確実に自動車保険を安くする方法

この見積もり結果を見ても、ダイレクト型保険の安さは一目瞭然ですね。自動車保険をダイレクト型に乗り換えただけで、一気に半分以下になってしまうわけです。

 

勿論、ダイレクト型自動車保険は自分でプランを選択し、契約しないといけないわけですから、様々なプランを提案し、契約手続きまで全てやってくれる代理店と比べると多少面倒ですが、一度やってみるとそれほど難しくありません。

 

ちなみに私は代理店型からダイレクト型に乗り換えて以来、毎年保険会社を変えています。

 

それは何もサービスに不満だったのではなく、加入初年度はさらに保険料が安くなるという特典があるからです。

 

車の保険料の相場は、等級や年齢、事故歴によって変わってきますが、仮にそれらの条件が同じであっても、契約する保険会社によっても金額に差はあります。

 

したがって、もし自動車保険の見直しをするのであれば、やはり「自動車保険一括見積もりサイト保険スクエアban」を活用し、複数社の見積もり結果を比較して、最安値を把握するということが重要になるのです。

 

 


車両保険の月々の平均と目安相場!毎月いくらぐらい払うもの?

車両保険の月々の平均と目安相場!毎月いくらぐらい払うもの?

 

そもそも車両保険って必ず入るものなの?

自動車を購入される際、誰もが悩むのは「車両保険に入るべきか?」ということですよね。おそらく新車を買う場合は、多くの人が車両保険に加入するのではないでしょうか?

 

車両保険というのは「自分の愛車が事故などで損害を負った場合に支払われる保険」です。一般の自動車保険や自賠責保険とは補償の対象が異なるのです。

 

車両保険はどんな事故を補償してくれるの? 新車以外でも必要?

一般的な交通事故で、相手がハッキリしている場合は、損害額はお互いの保険から支払われますが、それ以外のケースをカバーするのが車両保険なのです。

 

たとえば、交差点で当て逃げされたり、イタズラで傷を付けられたり、自分の運転ミスでボディーを凹ませてしまったりといったケースですね。あと、車自体が盗まれた場合も補償されます。

 

買ったばかりの新車が盗まれてしまったのに、保険金が一切下りないなんて悲しいですよね。だから新車購入の際は自動車保険に車両保険を付ける人が多いのです。

 

一方、「車はゲタ代わり」といってボロボロになるまで乗り潰すつもりなら、車両保険は必要ないかも知れません。

 

車両保険って、どのくらいが相場なの?

車両保険って、どのくらいが相場なの?

 

自動車の販売価格ってピンからキリまでありますよね。新車価格で比べても100万円前後の軽自動車から、外国車なみの1,000万円クラスの国産車まであります。

 

そうなると当然、車両保険の保険料も大きく変わってくるのですが、それは必ずしも車両の販売価格に比例するわけではないのです。

 

車両保険の算定基準も、先ほど述べたように車種ごとの「料率クラス」が元になっていて、1〜9まであり、最も保険料の高い「9」は、「1」の4倍になるのです。

 

これも試しにシミュレーションしてみましょう。(※実際の料率は型式によって異なります)

 

運転者の年齢・運転歴による車両保険の違い

 

共通条件は、

用途 主に家庭用
走行距離 3,000km以下
年齢 30歳以上
等級 15等級
免許の種類 ブルー
運転者の年齢制限 30歳以上
運転者限定の有無 限定無し
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
車両保険 あり

にして、一般的なコンパクトカーと国産高級車を比較します。

 

車種 料率クラス 保険料(年間) 保険料(月々)
トヨタ:アクア1.5 L 対人:5/対物:5/搭乗者:5/車両:4 78,700円 6,700円
レクサス:GS F5.0 対人:6/対物:6/搭乗者:4/車両:8 129,700円 11,000円

という具合に、同じ運転者で同じ補償条件でも車が違うだけで年間で5万円程度変わってくるのです。

 

 


車の保険料の平均や相場を知りたいなら?

車の保険料の平均や相場を知りたいなら?

 

ここまで車の保険料の相場に関してご紹介してきましたが、結局の所

  • 年齢
  • 条件
  • 事故歴
  • 車種
  • 保険会社
  • 支払い方法

等、様々な要因によって保険料は大きく異なります。

 

管理人自身も「結局自分の今の保険料って安いの?高いの?」と言うのが調べてもわかりませんでした。そこで・・・

 

自分の自動車保険料の相場が簡単にわかる方法!

当サイトでも体験談を掲載していますが、手っ取り早く自分の状況に応じた保険料の相場を知りたいなら、やはり自動車保険一括見積もりサービスを利用するのがオススメです。

 

実際に体験した私から言わせると、勧誘も電話も一切なく、ネットからすぐに保険料が分かるので、利用しない手はありません。

 

ちなみに私の保険料ですが、ダイレクト自動車保険と比較すると、かなり高い事がわかりましたので、今現在乗り換えるか検討中です。

 

管理人の車の保険料の相場とどれぐらい安くなるか?

自動車保険名

年間保険料

東京海上日動

※現在加入中の代理店型保険

40680円

アクサダイレクト

21940円

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

21000円

三井ダイレクト損保

20400円

ソニー損保

20220円

SBI損保

17430円

チューリッヒネット専用自動車保険

15590円

 

上記を見てもわかる通り、ダイレクト自動車保険に乗り換えると、月々3390円から1299円まで下がる事が分かりました。

 

もちろん今現在加入している代理店型自動車保険と比べると、ネットから自分で手続きするダイレクト型自動車保険は多少面倒ですが、今回サービスを利用する事で、自分の保険料の相場を知る事が出来たので、すごく満足しています。

 


車の保険料に関する良くある質問と回答まとめ

車の保険料に関する良くある質問と回答まとめ

 

払い忘れには注意!自動車保険を滞納するとどうなる?

自動車保険は基本的に1年契約ですので、1年分を支払う義務があります。月払いにしている人もいるでしょうが、それは単に分割払いという形にしているのです。

 

2ヶ月間、自動車保険を滞納してしまうと、残りの金額を全て一括請求される場合があり、それでも払わなければ契約解除となります。そうなると当然事故を起こしても保険金は一切下りません。

 

それだけでなく、契約を解除されてしまうと、自動車保険の等級も引き継げず、リセットされるのです。

 

次に保険に加入する時は6等級からのスタートになるので、高額な保険料を支払わなければならないのです。(1〜5等級の場合はそのまま引き継ぎ)

 

ですから長年運転してきて等級がかなり上っている人は、滞納しないように注意してください。

 

車の保険料は経費にできる?確定申告時の勘定科目は?

通勤やレジャーに使う自動車の場合、 確定申告の控除の対象にはなりません。

 

ただし事業用車両の場合は、事業を運営するための必要経費ですから「車両費」などとして計上することが可能です。

 

事業用として登録した車でもレジャーなど個人使用することがある場合は、その割合(80%が事業用などと)を明確にして、事業用の分のみ経費として申告できます。

 

車の保険料っていつまでに支払えばいいの? 支払い前に事故を起こしたら?

車の保険料っていつまでに支払えばいいの? 支払い前に事故を起こしたら?

 

自動車保険は加入者によって「保険満期日」「保険始期日」が異なります。それとは別に「支払い期限」というものが明記されているので、それまでに支払えば問題ありません。

 

一括払いの場合の支払い期限は保険会社や各支払い方法によって違いますが、「保険始期日の前日まで」となっている場合が多いようです。

 

よほどのうっかり者じゃない限り心配ないと思いますが、「保険料を払い忘れたまま、事故を起こした!」というケースがあるかも知れません。

 

そんな時、「まだ保険料を1円も払ってないんだから、補償は受けられないだろう」と早とちりしてはいけません。

 

保険料の支払いには猶予期間があり、ほとんどの場合「保険始期日から1ヵ月後まで」となっています。

 

つまり、うっかり保険料を払い忘れて事故を起こしても、その日が保険始期日の1ヵ月後よりも前であれば、事故の後から保険料を支払っても保険金は下りるのです。

 

ただし、何ヶ月も滞納すると保険そのものが失効してしまうので、くれぐれも支払い期日は忘れないようにしましょう。

 

自動車保険料は月払いと年払いどっちがいいの?お得な支払方法は?

自動車保険の保険料の支払い方法には、

銀行振込
口座からの引き落とし
コンビニエンスストア払い
クレジットカード払い

など複数の方法があります。

 

ただし保険会社によっては、対応していない支払い方法もあります。

 

一括払いなら問題ありませんが、分割払いに関してはクレジットカード決済に限定される場合もあるのです。

 

どの方法が良いかは自分のライフスタイルによって選べばいいと思うのですが、銀行振込やコンビニ決済の場合は手数料が発生する事もあるので注意が必要です。

 

クレジットカード払いの場合、一括も分割も選択できますし、もしポイント還元率が高いカードを持っている方なら、クレジットカード払いにするのが一番メリットが大きいのではないでしょうか。

 

今回は車の保険料の月平均の目安や安くする方法についてまとめてみました。

 

この機会に是非一度「自動車保険一括見積もりサイト保険スクエアban」を利用し、月の自動車保険料がどれぐらい安くなるか?を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険料って平均月いくら?【※年齢ごとの相場や目安まとめ!】関連ページ

保険料の計算の仕方
車の保険料は複雑で分かりにくいとお悩みではありませんか?保険料の計算の仕方を知っていればもっとお得になる場合もあります。自動車保険の等級や年齢による計算の方法や日割の方法等をわかりやすく解説します。車の保険料の計算が簡単にできるサイトも紹介していますので是非参考にしてください。
保険が高すぎる時の対処法
自動車保険が高すぎるとお悩みではありませんか。もしもの時の為と思っていても毎月の保険の支払いもばかになりませんよね。そこで車種によって保険が高い車や、年齢による保険料の違い、自動車保険料が高い原因と節約するコツなどをまとめて紹介します。自動車保険でお悩みでしたら是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
車の保険料、新規で入ると高い!?
自動車保険に初めて加入する場合、新規だとどれぐらい高いのか?最初から安くするコツなどあるのか?と言うのは気になるところです。そこで今回は新規加入時の保険料について安くする方法などをまとめてみました。興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
車の保険料の支払いはいつ!?
これから自動車保険を契約する人にとっては、支払いは1年間分まとめてするものなのか?それとも毎月毎に払っていくものなのか?と言うのもわかりません。また一括で払った場合は保険料が安くなるのか?なども気になる所ではないでしょうか?今回は車の保険料の支払いに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
事故率で自動車保険料が変わる?
自動車保険は事故を起こしたかどうかの事故率によっても保険料が変わります。事故率が高いと保険料も上がり、事故率が低いと保険料が下がります。事故率が低い場合、保険の見直しをすると保険料が下がる場合がありますので、そういった方におすすめの保険を紹介します。ぜひ参考にしてください。