車 保険料 一括

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

自動車保険は月払い(分割)の方が良い?支払い日はいつ!?

自動車保険は月払い(分割)の方が良い?支払い日はいつ!?

 

自動車保険に新規加入する場合や、保険会社を変更する場合などは、”支払い方法”や”支払日”について気になる所ではないでしょうか。

 

実際にネット上には以下の様な書き込みも多く見られます。

 

「自動車保険の支払い日はいつ頃なの?」
「車の保険料は一括で支払うしかない?」
「自動車保険は月払い(分割)できるの?」
「自動車保険の支払い方法には何がある?」
「コンビニで支払ったり、銀行口座から引き落としできるの?」

 

今回は、こうした「車の保険料の支払い」をテーマにした情報をお届けしていきます。


目次
  1. 自動車保険(任意保険)の支払い日!支払い時期はいつ頃なの?
  2. 自動車保険の支払い方法!月払い(分割)できる?!
  3. 自動車保険の月払いの支払い手段!コンビニ・銀行口座・カード払いなど
  4. 自動車保険を一括で支払う前に注意したい事!
  5. ※自動車保険支払い方法のQ&A

自動車保険(任意保険)の支払い日!支払い時期はいつ頃なの?

自動車保険(任意保険)の支払い日!支払い時期はいつ頃なの?

 

自動車保険に入ったのはいいものの、忘れがちなのが支払い日です。

 

特に自動車保険の手続きに慣れていない初心者の方は、支払い日や支払い時期がいつなのかわからないまま、期日が近づいてしまっていた!ということも起こりやすいです。

 

期日直前になって焦らないよう、自動車保険の支払い日や、支払い時期について把握しておきましょう。

 

自動車保険(任意保険)の支払い日はいつ?

自動車保険(任意保険)の場合、支払い方法は一般的に「一括払い(年払い)」と「分割払い(月払い)」に分けられます。

 

基本的に自動車保険は1年更新のため、一括払いをするのが主流でしたが、最近ではそんなに高額を一気に払えないという人も増えてきており、分割払いを選択する人も多くなっています。

 

自動車保険を一括払いする際の支払い時期は?

 

自動車保険の更新は、その保険が始まった日をスタート地点として1年間となります。

 

保険が始める日にちを保険始期日と呼びますが、そのまま保険の契約を更新する場合は開始した翌年の保険始期日の前日までに支払いをするのが一般的です。

 

とはいっても、保険会社や支払い方法によって、前日までの規約が適用されない場合もあるので、次の更新の1ヶ月前までには支払い期日を調べておくと良いでしょう。

 

自動車保険を分割払いする際の支払い時期は?

 

自動車保険を分割する場合、多くが月払いとなります。この場合は、決まった期日に口座から引き落としされる、もしくはクレジットカード等を利用して払い込みをすることがほとんどです。

 

引き落としでは保険会社が決めた期日に引き落としされますが、クレジットカードの場合は、クレジットカードの引き落とし日が支払い日となります。

 

強制保険(自賠責保険)の支払い日は?任意保険との違いはある?

 

上記の話はすべて、自動車保険の中でも「任意保険」に当たる部分になります。

 

自動車保険には「任意保険」と「強制保険(自賠責保険)」の2種類があり、その名のとおり任意保険は自分で入るかを選択できるもの、強制保険は車を購入した段階で強制的に加入する保険のことを指しています。

 

主な違いとしては、保険が適用されるケースの違いです。強制保険は基本的に、事故を起こした時、相手側にしか賠償がされません。

 

つまり、自分の怪我や車の破損等については保証されないことが多いのです。そういったケースを防ぐため、多くの人が任意保険と強制保険の両方を契約しています。

 

任意保険は一括払い、分割払いと選ぶことができますが、強制保険の場合は「新車購入時」「車検」のときに合わせて支払いをするのが一般的です。

 

自動車保険会社ごとで支払い日は違う!?支払い方法によっても変わる?

自動車保険会社ごとで支払い日は違う!?支払い方法によっても変わる?

 

任意保険の場合、一括払いと分割払いを選択できると言いましたが、保険会社によっては分割払いを採用していないこともあるので注意が必要です。

 

また、保険会社によっては支払いの期日が異なるため、保険会社を探すときは支払期日についても注目しておくと良いでしょう。

 

特に分割払いを検討している人は、支払い日が給料日より後かどうか等、無理なく支払える保険であるかどうかをチェックしておくことが大切になります。

 

さらに、銀行振込の場合は一週間前、クレジットカード払いは3日前など支払い方法によっても支払いの期日は変わるので注意が必要です。

 

最近では、銀行振込やクレジットカード払い以外に、コンビニエンスストアでの支払いやネットバンキングを使用しての振込など、支払い方法も様々なので、自分が予定している支払い方法と合わせて期日もチェックしておくようにしましょう。

 

※自動車保険の無料シミュレーションが可能!ほとんどの人が安くなる!?


自動車保険の支払い方法!月払い(分割)できる?!

自動車保険は月払い(分割)の方が良い?支払い日はいつ!?

 

自動車保険は一括払いと分割払いのいずれかを選択して支払いを行います。それぞれでメリット・デメリットも違うので、自分に合った方を選択するようにしましょう。

 

月払い(分割)できる?年払い(一括)との違い!

自動車保険の一括払いと分割払いは、平たく言えば月ごとに支払うか、契約期間である1年分を一気に支払うかの違いです。

 

自分で保険会社を決めて加入する任意保険は、分割払いが採用されている保険会社も多いので、無理なく支払いを進めたい人は分割払いも視野に入れておくと良いでしょう。

 

それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

月払いのメリット・デメリット!

自動車保険の月払いによるメリット・デメリットを挙げてみました。

 

月払いのメリット

 

1回あたりの経済的な負担が少ない

 

月払いの場合、本来一気に払うはずだった1年分の保険料を分割して払っていく仕組みなので、ざっくり言うと1年分の保険料を12ヶ月で割った分の支払いとなります。

 

そのため、1回あたりの支払いの料金はかなり抑えることができます。自動車保険のためにお金を貯めておかなくても良いので、まとまったお金がない人にとっては便利な支払い方法です。

 

途中解約による金額的なデメリットが少ない

 

自動車保険は事故を起こしてしまったり、車に乗らなくなったとき、解約したり他の保険会社に乗り換えることができます。

 

その場合、一括払いですと最初にお金を支払ってしまっているので、解約時に満額戻ってくることはありません。

 

一方、月払いの場合は解約によって翌月分から支払わなくてもよくなるので、損をすることがないのがメリットです。

 

月払いのデメリット

 

支払いの総額が高くなる

 

一般的な分割払いと同様に、自動車保険も分割払いを選択した方が総額としては一括払いよりも高くなります。

 

特にクレジットカードのリボ払いを利用している場合、カードの利息もついてくるとなると、その分さらに支払い額が大きくなってしまうので注意が必要です。

 

1ヶ月あたりでみると安く感じてしまうので、落とし穴ではありますが、総額と比較してどれくらい高くなるかを見ておくのがおすすめです。

 

支払い方法の選択肢が減ることがある

 

分割払いの場合、保険会社によっては一括払いに比べて支払い方法の選択肢が減ってしまうことがあります。

 

自分がもともと支払う予定だった方法がないとなると、別の手段を取るか、一括払いにするかということになってしまうので、分割払いで何の支払い方法を選ぶことができるか、あらかじめチェックしておきましょう。

 

保険料未払いが続くと契約解除になることもある

 

一括払いでは、最初にお金を支払ってしまえば、特に滞納や未払いを気にする必要はないのですが、分割払いでは未払いや滞納が続くと契約解除になることがあります。

 

保険料が支払えないというケースもあるのですが、極稀に保険料の支払いのことをずっと忘れていた、という悪意ないケースで契約解除になってしまうこともあるので、月払いをよく忘れがちな人は注意が必要です。

 

仮に契約解除となっても再契約は可能ですが、その場合、保険料が割引となる等級をキープできなかったり分割払いが不可となってしまうことがあります。

 

年払いのメリット・デメリット!

続いて、自動車保険の年払いのメリット・デメリットを挙げてみました。

 

年払いのメリット

 

支払い額を安くすることができる

 

普段クレジットカードを利用で分割払いを利用する人はわかるかもしれませんが、多回数の分割払いによって無料だった手数料が有料となってしまうことがありますよね。

 

それと同じようなことが、自動車保険料の支払いでも起こります。年払いの場合、分割払いで起こる手数料やリボ払いの利息など、本来支払わなくても良いお金を支払わなくて良いので、支払を最少額に抑えられるのがメリットです。

 

払い忘れのリスクが少ない

 

一括払いの支払いは年に1回だけです。このため分割払いと比べて、払い忘れのケースは少なくなります。また支払いも1回で済むので、手続きが簡単なのも特徴です。

 

支払い方法が選べる

 

分割払いは、支払い方法が限られることが多いのですが、一括払いの場合、多数の支払い方法から選ぶことができます。

 

自分の都合に合わせて支払い方法を選べるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

年払いのデメリット

 

一度にまとまったお金を用意する必要がある

 

一括払いは、その年の自動車保険料を一気に支払う方法なので、支払い期限までにある程度まとまったお金を用意しなくてはなりません。

 

もともとその予定であれば比較的お金も用意しやすいと思いますが、計画性がないと本来崩したくなかった貯金を崩さなくてはならない…なんて事態にもなりかねないため、注意が必要です。

 

途中で解約した場合、解約返戻金が満額戻って来ない

 

稀なケースではありますが、一括で保険料を支払っていて、途中で解約したり、保険会社を乗り換える場合、解約返戻金が全額戻って来ない可能性があります。

 

保険会社のほとんどが、解約時の返還金について”短期率”を設定しており、途中で解約する場合は、この短期率によって解約返戻金が決まります。

 

通常自動車保険は1年契約なので、半年で解約すると月割保険料の6ヶ月分が返ってくると思いがちですが、実際にこの短期率を定めている場合、30%ほどしか保険料が返還されないこともあります。

 

※今現在”ネット通販型保険”に加入していない人はやってみる価値あり♪


自動車保険の月払いの支払い手段!コンビニ・銀行口座・カード払いなど

自動車保険の月払いの支払い手段!コンビニ・銀行口座・カード払いなど

 

自動車保険を支払うとき、実際にどのような支払手段があるのか?それぞれ保険会社をピックアップしてみました!

 

支払手段が限られている人や、理想の支払い方法がある人は、それに合わせて保険会社を選ぶのも1つの手ですよ。

 

コンビニ払いできる自動車保険!

最近増えてきた自動車保険のコンビニ払い。銀行まで足を運ばなくても、近場で支払いができるのはとても魅力的です。

 

コンビニ払いできる自動車保険をいくつか挙げてみました。

 

チューリッヒ
アクサダイレクト
ソニー損保
イーデザイン損保
東京海上日動

など約20社。

 

ちなみに支払いは、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなど、一般的に世間で知られているコンビニで行うことができます。

 

銀行口座引き落とし(口座振替)できる自動車保険!

一番手軽なのが銀行口座での引き落としです。

 

自動車保険に加入している人の多くが利用している方法で、現在存在しているほとんどの自動車保険で利用することができます。

 

銀行振込できる自動車保険!

街中にATMが増えたことから、銀行振込も手軽な方法になりつつあります。銀行振込もほとんどの自動車保険で利用可能です。

 

ただ、銀行振込の場合、利用する銀行や時間帯によって、振込手数料がかかってしまうことがあるので、少しでも負担を少なくしたいという人にはあまりおすすめできません。

 

クレジットカード払いできる自動車保険!

クレジットカード払いもほとんどの自動車保険で利用可能です。

 

クレジットカードを利用する場合は、クレジットカード会社の引き落とし日に合わせて保険料が引き落とされることになるので、気をつけましょう。

 

また、リボ払いを利用して保険料を払う場合、利息がかかってしまうこともあるので注意してください。

 

デビットカード払いができる自動車保険!

クレジットカードでありながら、その場での引き落としができるデビットカード。

 

デビットカードを利用できる自動車保険は次のとおり。

 

チューリッヒ
SBI損保
損保ジャパン

 

デビットカードは、カードのブランドが制限されたり、分割払いできないといったリスクがあります。

 

最近導入された方法なので、デビットカードが自分の思うとおりに利用できるかどうか、保険会社に確認してから使用するのがおすすめです。

 

現金で分割払いできる自動車保険!

現金で分割払いできる自動車保険は、現在ありません。

 

自動車保険の支払いは、上記で紹介したいずれかの方法を選択するようにしましょう。

 

※「車に乗る機会が少ない」、「事故した事がない」人は、
ネット型保険にする事で数万円安くなるかも・・・♪


自動車保険を一括で支払う前に注意したい事!

自動車保険を一括で支払う前に注意したい事!

 

今回は自動車保険料の支払いに関して、一括と月額払い、それぞれのメリットやデメリットに関してお伝えしてきました。

 

もし、今自動車保険の乗り換えや解約を考えているのであれば注意が必要です。

 

見直しを考えているなら保険料を支払う前に!

現在”月払い”で車の保険料を支払っている方の場合

 

今、分割払いで保険料を支払っていて、保険会社や保険料の見直しを考えている人は、”保険の満期日”を契約書で確認し、その満期日より2〜3か月前に見直しをすることをおすすめします。

 

※満期日:契約が満了を迎える日

 

2〜3か月前と言う期限に関しては、「車の保険を乗り換える際は連絡すべき?※保険の乗り換えまとめ」でも詳しく紹介していますが、無保険期間や更新し忘れを防げること、またじっくり考えられる期間として算出しています。

 

保険の満期日が過ぎてからの見直しを考えている場合、月払いでは解約返戻金などの金銭的なデメリットはありませんが、等級アップが遅くなってしまうなどのデメリットもあるので、出来れば満期日をもって他の保険会社に乗り換えるのがオススメです。

 

現在”年払い(一括払い)”で支払っている方の場合

 

現在、年払いで支払っている方も、”保険の満期日”をまず確認しておきましょう。見直しを考えているのであれば、一括で支払う前に目ぼしい保険会社を見つけておく必要があります。

 

特に年払いの場合は中途解約や乗り換えは大きなデメリットとなる為、現在の保険料が高いと感じていたり、一括で高い保険料を払うのがネックに感じているなら、当サイトでも紹介している自動車保険一括見積もりサービスなどを利用して、早めに見直しておく事をオススメします。

 

※今の保険料が高いと感じている場合は一度は無料見積もりに♪


※自動車保険支払い方法のQ&A

※自動車保険支払い方法のQ&A

 

支払い方法を年払いから月払いに変更できる?

自動車保険を年払いから月払いに変更したい場合、契約更新のタイミングで変更するのが一般的です。

 

次の契約更新までは支払い方法を変更できないことになるので、最初の支払いの段階で年払いを選ぶのか月払いを選ぶのかは、とても重要な事項になってきます。

 

クレジットカード払いの場合、引落日はいつ?

クレジットカード払いの場合、引き落とし日は各カード会社の引き落とし日となります。

 

支払いの手段を今月だけ変更したい…急な支払い方法の変更はできる?

コンビニ払いからクレジット払い、といったような支払い方法の変更はできません。

 

最初に決定した支払い方法を利用して支払いを行うので、自分の生活水準に合った支払い方法を最初に決めておくのがおすすめです。

 

自動車保険を電子マネーで支払いすることはできる?

コンビニ払いの場合、バーコードのついた払込用紙を利用しての支払いとなるため、現金のみとなります。

 

自動車保険をコンビニ払いする場合、クレジットカードでの支払いはできる?

コンビニや保険会社によっては対応してくれることもありますが、基本的には現金のみの取扱となります。

 

車の保険料の一括払いと月払いについて今回は紹介しましたが、もし見直しを考えていると言う事なら、早めに見積もりだけでも取っておく事をオススメします。

 

私もすぐにダイレクト自動車保険に乗り換えた訳ではありませんが、見積もりを取る事で保険料の目安や、どれぐらい安くなるか?を知る事が出来ましたので、興味があれば「自動車保険一括見積もりの口コミ体験談!」もご覧頂き、是非試してもらえればと思います。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険料の支払いはいつ!?【※一括で支払わない方が良い?】関連ページ

保険料、月の平均相場
車の保険料、他の人はどのくらい払っているのか気になりませんか?自動車保険の月の平均相場や年齢ごとの相場、任意保険と車両保険の料金の相場、保険料の目安などを調査してまとめています。車の保険料って月払いより年払いの方が安くなるのかなどの内容も詳しく紹介していますので是非参考にしてください。
保険料の計算の仕方
車の保険料は複雑で分かりにくいとお悩みではありませんか?保険料の計算の仕方を知っていればもっとお得になる場合もあります。自動車保険の等級や年齢による計算の方法や日割の方法等をわかりやすく解説します。車の保険料の計算が簡単にできるサイトも紹介していますので是非参考にしてください。
保険が高すぎる時の対処法
自動車保険が高すぎるとお悩みではありませんか。もしもの時の為と思っていても毎月の保険の支払いもばかになりませんよね。そこで車種によって保険が高い車や、年齢による保険料の違い、自動車保険料が高い原因と節約するコツなどをまとめて紹介します。自動車保険でお悩みでしたら是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
車の保険料、新規で入ると高い!?
自動車保険に初めて加入する場合、新規だとどれぐらい高いのか?最初から安くするコツなどあるのか?と言うのは気になるところです。そこで今回は新規加入時の保険料について安くする方法などをまとめてみました。興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
事故率で自動車保険料が変わる?
自動車保険は事故を起こしたかどうかの事故率によっても保険料が変わります。事故率が高いと保険料も上がり、事故率が低いと保険料が下がります。事故率が低い場合、保険の見直しをすると保険料が下がる場合がありますので、そういった方におすすめの保険を紹介します。ぜひ参考にしてください。