車 保険料 新規

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

車の保険料、新規で入ると高い!?安くするコツや秘訣は?

車の保険料、新規で入ると高い!?【※安くするコツや秘訣は?】

 

車を運転するにあたっては、車の保険のことについても考えていかなくてはなりません。そんな自動車保険に対しては、以下の様な疑問が生じる場合もあります。

 

「自動車保険に新規契約すると、保険料は高くつく?」
「車の保険料にはあまりお金をかけたくない。何か良い方法はないの?」
「自動車保険のセカンドカー割引って?」

 

そこで今回は、こうした疑問の解消につながるような情報をお届けしていきます。

 

「これから車を運転し始める」という方にぴったりな内容になっていますので、そういった方は是非チェックしてみてくださいね。


車の保険を新規契約すると保険料が高くなる理由まとめ!

車の保険を新規契約すると保険料が高くなる理由まとめ!

 

契約の仕方や条件によりますが、自動車保険を新規契約した場合、以下の様な理由から保険料が高くなってしまうことがあります。

 

保険料節約のポイントについて知る前に、まずはその理由から知っていきましょう。

 

なぜ?新規契約で保険料が高くなってしまう理由

理由1「6等級からのスタートになってしまうから」

 

自動車保険には「ノンフリート等級制度」というものがあります。この制度によって、各契約の割引率や割増率が決定されます。

 

自動車保険を新規契約した場合、その等級は通常「6等級」からのスタートとなります。

 

6等級は「割引率」が適用される等級ですが、その割引率は「-17%」などとあまり高くありません。

 

ノンフリート等級制度では、最高「20等級(例外的に22等級などの場合あり)」までランクが存在し、20等級ともなればその割引率は「-63%」などとかなり高めに設定されています。

 

1年間無事故で過ごせば、翌年の契約からは1等級アップしますが、それでも20等級になるまでには長い年月がかかります。

 

理由2「全年齢補償や21歳以上補償だと保険料が高くなるから」

 

自動車保険には、運転者の年齢による区分も存在します。車を運転し始める年齢は人それぞれですが、20歳未満で車を運転することもあります。

 

その場合、年齢条件として「全年齢補償」を選択しますが、そうすると保険料は高額になってしまいます。

 

また、大学を卒業し社会人になってから車を運転するというような場合は「21歳以上補償」を選びます。その場合、全年齢補償ほどではないにしても保険料は高めになります。

 

理由3「新車を運転するため車両保険が要る場合があるから」

 

車両保険をつける・つけないというのも、車の保険料を大きく左右する要素です。

 

初めて車を運転する場合、中古車を選ぶことも多いですが、社会人デビューを記念して新車をプレゼントしてもらうなんてことも中にはあるはずです。

 

その場合、「新車だから」ということで車両保険をつけることも多くなります。上記の2つの要素に車両保険が加わると、車の保険料は相当高くなってしまいます。


年齢条件に負けない!車の保険料を賢く節約するポイントまとめ!

年齢条件に負けない!車の保険料を賢く節約するポイントまとめ!

 

上記のような理由があるため、若い方が自動車保険を新規契約しようものなら、びっくりするくらいの保険料がかかることもあります。

 

しかし、車の保険料というのは工夫次第で安くすることも可能です。こちらでは、そのポイントについて紹介していきます。

 

「セカンドカー割引」でお得に

自動車保険にはさまざまな割引制度が存在します。「セカンドカー割引」もそのひとつです。

 

これは、その名の通り2台目以上の車に適用される割引制度で、すでに契約中の車の等級が「11等級以上」であれば、2台目は「7等級」から始めることができます。

 

このため、6等級からのスタートよりも割引率が高くなります。ちなみにセカンドカー割引は、1台目と2台目が契約する自動車保険が別であっても問題ありません。

 

この割引制度は、セカンドカーを持つことになった場合の保険料負担を減らすのが本来の目的ですが、同居の家族も対象となります。ちなみにセカンドカー割引は、初年度のみの特典です。

 

したがって、車に乗り始めて2年目以降にセカンドカー割引の存在を思い出したとしても、それが適用されることはありません。

 

「セカンドカー割引」と「車両入替」のダブル使い

上記のセカンドカー割引は嬉しい割引制度ですが、たとえそれが適用されても、年齢条件が「全年齢補償」あるいは「21以上補償」だと、保険料のお得感はあまり実感できないかもしれません。

 

そこでオススメしたいのが、「セカンドカー割引」と「車両入替(等級の引き継ぎ)」を組み合わせる方法です。

 

自動車保険の等級は、条件を満たすことで「引き継ぎ」が可能になります。例えば、親御さんがすでにお使いの車の等級が20等級だった場合、その等級をお子さんへの引き継ぐことができます。

 

そうすれば、たとえ全年齢補償であったとしても20等級の割引率が適用されますので、保険料を抑えることが可能です。

 

そして、今までお使いの車に対してセカンドカー割引を適用させることで、こちらも1等級分お得になります。

 

お子さんが7等級の車を運転するよりも、親御さんが7等級の車を運転したほうが年齢条件の関係で保険料は安くなります。

 

この他にも、複数台の車を所有していれば「ノンフリート多数割引(おまとめ割引)」を利用することができます。

 

このように、車の保険料を安くするコツはいくつか存在します。自動車保険を新規契約する場合、事前にこうした情報をよくチェックしていくことが大切です。

 

不明な点は、自動車保険のカスタマーセンターなどに問い合わせて疑問はその都度解消させていきましょう。

 

またセカンドカー割引や車両入替などの適用には条件がありますので、それも予めしっかりとチェックしてみてくださいね。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険料、新規で入ると高い!?【※安くするコツや秘訣は?】関連ページ

保険料、月の平均相場
車の保険料、他の人はどのくらい払っているのか気になりませんか?自動車保険の月の平均相場や年齢ごとの相場、任意保険と車両保険の料金の相場、保険料の目安などを調査してまとめています。車の保険料って月払いより年払いの方が安くなるのかなどの内容も詳しく紹介していますので是非参考にしてください。
保険料の計算の仕方
車の保険料は複雑で分かりにくいとお悩みではありませんか?保険料の計算の仕方を知っていればもっとお得になる場合もあります。自動車保険の等級や年齢による計算の方法や日割の方法等をわかりやすく解説します。車の保険料の計算が簡単にできるサイトも紹介していますので是非参考にしてください。
保険が高すぎる時の対処法
自動車保険が高すぎるとお悩みではありませんか。もしもの時の為と思っていても毎月の保険の支払いもばかになりませんよね。そこで車種によって保険が高い車や、年齢による保険料の違い、自動車保険料が高い原因と節約するコツなどをまとめて紹介します。自動車保険でお悩みでしたら是非参考にしてください。
保険料の年間費用や平均
自動車保険、みんなはどのくらい払っているか気になりませんか?自動車保険に年間12万円は高いかどうか検証します。また自動車保険の年間費用の平均や、どのくらいに抑えるのが理想なのか、年齢による年間費用の平均なども詳しくまとめていますので是非参考にしてください。
安い保険の事故対応は?
自動車保険はなるべく安い方が良いけど、そうすると事故をした時の事故対応などが心配ですよね。自動車保険が安い場合の事故対応や、高い方が安心なのかなどを調査しました。また、ダイレクト通販型自動車保険と代理店型自動車保険のの事故対応についてや、車の保険料に比例して事故対応が変わるのかなども詳しくまとめています。
保険料が安い人気の会社
自動車保険は沢山の会社からいろんなプランが出ていて、正直どの保険が良いのか分からないという人も多いのでは?そこで各社の自動車保険の保険料を比較して、2018年もっともおすすめの自動車保険会社を厳選しました。自動車保険が高すぎて見直しを考えていると言う人にも自動車保険料が安い人気の会社をまとめています。
保険料の節約方法まとめ
自動車保険が毎月高くて、ばかにならない!どうにか安くならない!?とお悩みではありませんか。自動車保険の保険料を安くするにはコツがあります。お得な特約や自動車保険料を安くする節約方法をわかりやすくまとめています。毎月の自動車保険の支払いにお悩みの方や自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてください。
20代におすすめの保険プラン
自動車保険は初めて加入する場合や若い世代、20代では高くなる傾向にあります。しかし20代だと自動車保険の支払いはきつく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで20代におすすめの安い保険会社やおすすめのプランをまとめて紹介します。また、26歳を超えた時、自動車保険を見直すべきかどうかも解説しています。
年間予定走行距離について
自動車保険の保険料を算出するひとつに年間予定走行距離という項目があります。年間予定走行距離を超過した場合保険料はどうなるのか、年間予定走行距離は毎年保険会社に確認されるのか、年間予定走行距離を下回った場合など年間予定走行距離について分かりやすく解説します。
車両変更した場合の保険料
新しい車に乗り換えて車両変更する際に気になるのが自動車保険ですよね。車両変更すると保険料はかわるのか、車両入れ替えした場合の自動車保険の手続きやタイミング、車両変更時に保険は見直すべきなのかどうかを詳しく解説しています。車両変更の予定がある方は是非参考にしてください。
軽自動車の保険料の相場は?
維持費が比較的安い軽自動車ですが、ふと保険料のことを考えると、「何となく高い様なが気がする…」と感じてしまう事もあります。またこれから軽自動車の購入を検討している人にとって、軽の保険料は気になる所です。そこで今回は軽自動車の保険料の相場や、車種によってどれぐらい保険料に差が出るのか?などを紹介させて頂きますので、是非参考にしてくださいね。
自動車任意保険料の値上げ!
無事故を続けていると、自動車任意保険料はどんどん安くなるというイメージもありますが、中には1年経った後、保険料が値上がりするというケースもあります。なぜ無事故なのに保険料が安くならないのでしょうか?こちらについて今回はわかりやすく解説しています。
車の保険料の支払いはいつ!?
これから自動車保険を契約する人にとっては、支払いは1年間分まとめてするものなのか?それとも毎月毎に払っていくものなのか?と言うのもわかりません。また一括で払った場合は保険料が安くなるのか?なども気になる所ではないでしょうか?今回は車の保険料の支払いに関してまとめてみましたので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
事故率で自動車保険料が変わる?
自動車保険は事故を起こしたかどうかの事故率によっても保険料が変わります。事故率が高いと保険料も上がり、事故率が低いと保険料が下がります。事故率が低い場合、保険の見直しをすると保険料が下がる場合がありますので、そういった方におすすめの保険を紹介します。ぜひ参考にしてください。