自動車保険 等級 割引率

最短5分!最大20社!無料で保険料の比較が出来ます♪

車の保険の等級と割引!自動車保険の等級による割引率は?

「車の保険の等級と割引!【※自動車保険の等級による割引率は?】」がイメージできる画像01

 

車の保険の等級が高ければ、そのぶん保険料は割安になるということはご存じの方も多いはずです。

 

しかし実際に何等級でどのくらい割引になるのかまでは、普段滅多に知る機会はありませんよね。

 

たとえば、今の自分の等級だとどれくらい安くなるんだろう・・・と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

 

「自動車保険の等級ごとの保険料割引率ってどのくらい?」
「自動車保険の事故有係数って何?」
「保険料に関係しているのは等級だけ?」
「保険料の割引を受けるために必要な条件とは?」

 

今回は車の保険の等級がどれくらい保険料に関係しているのか、またその他保険料に関わってくる部分について具体的な割引率をまとめました。

 

これを参考にあなたの保険料がどのくらい割引になっているのか、ぜひ確認してみてください。


自動車保険の等級と保険料の割引率まとめ!

自動車保険の等級と保険料の割引率まとめ!

 

自動車保険の等級は1〜20等級に分けられています。(一部共済を除く)

 

等級によって保険料がどのくらい違ってくるのか、それぞれの割引率をさっそく見ていきましょう。

 

無事故係数を適用した場合の保険料割増引率

1等級→64%
2等級→28%
3等級→12%
4等級→△2%
5等級→△13%
6等級→△19%
7等級→△30%
8等級→△40%
9等級→△43%
10等級→△45%
11等級→△47%
12等級→△47%
13等級→△48%
14等級→△49%
15等級→△50%
16等級→△51%
17等級→△52%
18等級→△53%
19等級→△54%
20等級→△64%

 

新規契約時の6等級時点で、すでに約20%の割引率となっています。さらに20等級までいくと64%もの割引を受けることができます。

 

事故有係数を適用した場合の保険料割増引率

6等級以下は先ほどと同じです。

7等級→△20%
8等級→△21%
9等級→△22%
10等級→△23%
11等級→△25%
12等級→△27%
13等級→△29%
14等級→△31%
15等級→△33%
16等級→△36%
17等級→△38%
18等級→△40%
19等級→△42%
20等級→△44%

 

同じ等級でも先ほどの場合と比べ、かなり割引率に差があることが分かります。

 

無事故係数と事故有係数って何?

先ほどから「無事故係数」や「事故有係数」という言葉が出てきていますが、そもそもそれって何?と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

同じ等級なのにこの二つを比べると、保険料の割増引率が違っていましたよね。

 

事故有係数とは、事故を起こした場合の保険料の算出時に用いられる係数で、事故有係数○年という言い方をします。

 

たとえば、契約期間が1年の保険に加入していた方が保険期間中に3等級ダウン事故を起こし保険を使ったとします。

 

すると、翌年の事故有係数は3年になります。それ以降に事故が無ければ係数は3年から2年、1年と減っていき4年後には0年に戻るという仕組みです。

 

これが1等級ダウン事故であれば、事故を起こした翌年に事故有係数1年となり、その後事故が無ければその翌年に係数は0年に戻ります。

 

つまり、その年数分は事故有の係数を適用して保険料を計算するため、事故を起こしていない場合と比べて保険料は割高になってしまいます。

 

 


等級割引だけじゃない!年齢条件や運転者範囲で変わる割引率

等級割引だけじゃない!年齢条件や運転者範囲で変わる割引率

 

ここまでは等級と保険料の関係をご説明しましたが、保険料の算出項目は他にもいくつかあるのでご紹介します。

 

年齢条件ごとの保険料割増引率

自動車保険に入る際には運転する方の年齢条件を設定しますが、これも保険料に大きく関係している部分です。
ここでは初めて保険に入る際に適用となる6等級の場合をあげてみます。

 

「6等級の年齢条件による割増引率」

全年齢補償→28%
21歳以上補償→3%
26歳以上補償→△9%

 

最も年齢条件が広い全年齢補償にすると、保険料が28%割増となっています。

 

理由としては、若い方は免許を取得して間もないケースが多いことと、全年齢補償ということはそれだけ運転する人の幅が広がり事故のリスクが高まるためと考えられます。

 

運転者範囲による保険料割増引率

運転者限定による割引率は以下のとおりです。

 

限定なし→割引なし
本人、配偶者限定→△7%
家族限定→△1%

 

運転者が最も限定される本人・配偶者限定にしても保険料の割引率は7%と若干低い印象です。
年齢条件の部分を見ても、等級による割引率のほうが全体的に高くなっています。

 

 


等級を下げないようにするポイント

等級を下げないようにするポイント

 

ここまでで、等級が保険料に大きく影響することはお分かりいただけたのではないでしょうか。では、どうすればできるだけ等級を下げずに済むのか、その方法をご紹介します。

 

車両保険は極力使わない!

たとえば、自宅の車庫などに車をぶつけてしまい、修理費用が15万円かかるとします。

 

この時、選択肢としては保険を使って修理する方法と、自腹で修理する方法の二つがありますよね。

 

まずは保険を使って修理する場合で考えてみましょう。契約時に免責金額を設定している方は、保険を使うとしても免責金額分は自腹になります。

 

仮に免責金額を10万円に設定している場合、10万円を自腹で払い残りの5万円を保険金で賄うという計算になります。

 

ここからがポイントなのですが、保険を使えば翌年の等級は下がってしまいます。ですが、自腹額をあと5万円増やせば保険を使わずに済むため等級が下がることはありません。

 

等級が下がっても一時的な金銭的負担を軽くする目的であれば、保険を使うのももちろん一つの方法です。

 

しかし、翌年の等級が下がって保険料が上がるよりは、5万円多く支払うというのも選択肢の一つですし、実際のところこちらの方法を選ぶ方が多いのも事実です。

 

もちろん、修理費用が高額になった場合は車両保険を使ったほうが負担は軽くなりますので、このあたりは状況によって検討されると良いと思います。

 

今回は自動車保険の等級と割引率についてご紹介しました。保険料を節約するためには、事故を起こさず等級をできるだけ高いまま維持することが最大のポイントです。

 

また年齢条件や運転者範囲の設定についても、状況に合わせてその都度見直しを行っていきましょう。


「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像01

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像02

「自動車保険料の一括比較、見積もりが簡単に出来る!!」がイメージできる画像03


 



 


▼▼▼車の買い替えを検討しているなら≪査定に出す≫のが絶対オススメ♪▼▼▼



「中古車買取一括査定サイト人気ランキング」がイメージ出来る画像01

「ユーカーパック愛車無料査定はこちら!」がイメージできる画像02

「中古車買取一括査定サイト人気ランキングの順位を変更しました!」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング1位ズバット車買取比較」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング2位かんたん車査定ガイド」がイメージ出来る画像01

「中古車買取一括査定サイト人気ランキング3位カーセンサー」がイメージ出来る画像01

車の保険の等級と割引!【※自動車保険の等級による割引率は?】関連ページ

自動車保険の等級と引き継ぎ
自動車保険の等級について、家族間でも引き継げるのか?車を買い換えた場合の等級は引き継げるのか?自動車保険を乗り替えた場合、等級はどうなるのか?などといった疑問にわかりやすくお答えします。自動車保険の乗り替えや、見直しを考えている方は是非参考にしてください。
保険の等級はいつリセットされる?
自動車保険の等級はいつリセットされるかご存知ですか?自動車保険の解約後どのくらいの期間をおけばリセットされる?代理店型から通販型に変えると等級はリセットされる?契約者を家族間で変更すると等級はリセットされるの?このような疑問について分かりやすく解説しています。自動車保険の等級について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。
等級が下がる時上がる時まとめ
自動車保険の等級は、保険を使う事なく進むと上がって行き、割引率が高くなります。ではどういう場合に等級は上がるのでしょう。また、保険の等級が下がるケースについてもくわしくまとめています。その他に等級が分からない時に確認する方法や自動車保険の等級と保険料の関係についても紹介しています。
名義変更の際の等級はどうなる?
車を譲渡、名義変更する際、自動車保険の等級は引き継がれるのでしょうか。またはリセットされるのでしょうか。自動車保険の名義変更に関する疑問にわかりやすく解答しています。自動車保険の名義変更でお困りでしたら是非参考にしてください。
保険の等級と車の売却!
車を売却して自動車保険を解約した際、等級はどうなるのでしょう。しばらく車に乗らない場合等級はどのような扱いになるか?2〜3年後また車に乗る場合はどうなるか?など自動車保険を中断した時の等級について詳しくまとめています。自動車保険の解約を考えている方は是非参考にしてください。
車が2台ある場合の等級と節約
2台目の車を購入した時や夫婦で別々の場合、自動車保険に入ると2台目は等級が下がってしまう場合があります。そういった時の対処法や2台目の自動車保険を節約する方法などをまとめています。自動車保険会社による2台目割引サービスなどについてもまとめていますので、2台目の車を考えている方は是非参考にしてください。
等級は事故後どうなる?
自動車保険は等級が下がると保険料の割引率も下がります。事故を起こして保険を使うと等級が下がるのですが、どのくらいの事故で何等級下がるか?等級が下がるとどれぐらい保険料が上がるか?一度事故をすると、等級はいつまで戻らない?事故あり扱いはいつまでなのか?といった疑問にわかりやすくお答えします。
車両保険どんな時に使うべき?
自動車事故を起こした場合に車両保険を使うと、等級が下がって、一定期間保険料が上がってしまいます。車両の修理金額によっては、保険を使うことによる保険料のアップより、自費修理の方が得になる場合があり、保険を使わないと言う選択をする方もいます。車両保険を使う場合の等級や保険料と、どんな時に使うべきかを分かりやすくまとめました。
自損事故を起こした場合の車両保険
自動車保険は事故を起こして保険を使うと等級が下がり、保険料が上がってしまいます。自損事故を起こして車両保険を使う場合も同じで、等級が下がる事になります。自損事故を起こした場合にどのくらい等級が下がるのか、保険料はどうなるのかなど分かりやすくまとめていますので、是非参考にしてください。
ノンフリート等級とは?
専門用語が多い自動車保険の中でもさらに疑問が多い等級、更にその中でもノンフリー等級の引き継ぎや割引率などについてわかりやすくまとめてみました。今後自動車保険の見直しを考えている方は是非参考にしてみてくださいね。
等級を使う使わないの判断は?
ちょっとした事故を起こした場合、自動車保険の等級を使うか使わないかの判断は中々難しい所です。どういったポイントに着目して判断すればいいのか?今回は等級の使用に関してまとめてみました。